コールサックシリーズ

山本聖子詩集
『宇宙の舌』 
遠い銀河で生まれたばかりの
ちいさなまたたきのように
庭のかたすみに きのこ
宇宙の舌がひそかにここをなめたのだろう
詩「つめたい舌」より


栞解説文:鈴木比佐雄
A5判/128頁/上製本 ISBN978-4-903393-38-4 C1092 ¥2000E
定価:2,160円(税込)

山本聖子詩集『宇宙の舌』

発売:2008年11月23日



【目次】



第Ⅰ章 宇宙の舌

充溢 
牙 
友引 
できもの 
女たちの午後 
中落ち 
『盲導犬』からのシンメトリー 
スネーク・ハウス 
脚力
過去未来
The tongue 
Gift 
つめたい舌 
楽園 
ウインタースポーツ 
足を蹴る 
二十世紀ヶ丘戸山町一五〇番地 

第Ⅱ章 カフカの棲む場所

家族deサーカス 
アイス・アリーナ 
とげの子 
空の子ども
a stone
ほぼ 滝のように
カフカの棲む場所 
足もと
わたしの病み方
五月晴 
犬をまたぐ
雨期
隣人A 
隣人D 
まき餌
なくしたもの
住処 
Reversible 
ハイ・ジャンパーの夜 
夜の犬 

あとがき 
略歴 




「つめたい舌」


 〈動くもの〉と呼ばれることは
 わたしにふさわしかったのか

遠い銀河で生まれたばかりの
ちいさなまたたきのように
庭のかたすみに きのこ
宇宙の舌がひそかにここをなめたのだろう

哲学する傘の傾斜
シャベルを握ってはみたものの
見つめることから感染がはじまる
胞子の誕生に 呼吸までしりごみして
わたしの根も土を求めていた

きのこは星のはやさで遠ざかり
わたしの時間だけが
尾をひいて追いはじめる
 物理とは こんなふうに
 とうとつに理解をもたらすもの

あしもとで生誕をくりかえす
光年のまたたき
見飽きたときわたしは ざくりと
鋭利な鉱物でちいさな輪廻を断ち切った

宇宙はたしかに 膨張をつづけている
星のはやさを超え
夜 わたしの眠りの庭に
空間移動する きのこ

星間のはてしない闇から 横たわるわたしに
無言で降りそそがれるものたち
まだ見られている けれど
飽きたらとうとつに降りおろされる
つめたいシャベルの 物理的な傾き


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.