コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

木島始
『木島始詩集・復刻版』
そして/あの日/突如として//歴史の姿は/あかるみにでた(詩「起点 ―一九四五年―」より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
四六判/256頁/ハードカバー  ISBN978-4-86435-202-4 C1092
定価:2,160円(税込)

『木島始詩集・復刻版』,木島始,詩,現代詩,戦後詩,山田太一,信長貴富,佐川亜紀,有馬敲,水田宗子, 中村不二夫,こたきこなみ,田部武光,小島光子

発売:2015年7月10日



【目次】
詩・わが年代記
起 点 ―一九四五年―
戦 後 ―一九四六年―
師 よ ―一九四七年・中井正一氏に―
大 学 ―一九四七・八年― 
徴 侯 ―一九五〇年―
嘔 吐
虐 殺 ―一九五二年五月一日―

動物・鉱物・植物
牛 
麦 
鳩 
電気機関車
通勤人群
向日葵
主婦たち
穂高岳
位置について
風とともに徒渉する 
霧明け
五月の香り 
恋よぼくらふたりの……
せいめいの……
夜の推移をみはりつつ
とおくのひとに
初春に
きみの眼よやさしく燃えよ 
ぼくたち地下水の……
映 す
遠 望
友の死は……
厳寒の河岸を追うて 

星芒よ、瞬け (長 詩)―放送のために―
直 射
日比谷
ポプラそびえたつ闘いの土地に
五・三〇の兇弾にたおれた小学校教員の妹よ 
予 兆
病 巣
悼む ―宮本百合子に―
ポール・エリュアール
誕 生
序 曲
部 署
獄中におくるハガキ 

断 章
  Ⅰ
  Ⅱ
  Ⅲ
  Ⅳ
蚤の跳梁 (長 詩)

跋 文 
   野間宏 凝血にふるえる葉先   

復刻版に寄せて―各界からのメッセージ―
山田太一/信長貴富/佐川亜紀
有馬敲/水田宗子/中村不二夫
こたきこなみ/田部武光/小島光子

解 説
        佐相憲一 伝説の戦後詩集を今日・未来へ  
        鈴木比佐雄 「列島」の精神を継続し日本の詩を世界につなげた人 

編 注

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)89号 2017年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)89号 2017年3月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.