詩誌コールサック

前のページに戻る

詩誌コールサックへご寄稿ください

「COALSACK」(石炭袋)84号   2015年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)84号   2015年12月1日

定価:1,080円(送料込)

COAL SACK(石炭袋)84号目次

詩人のギャラリー  阿形蓉子

扉詩 若宮明彦   みよしの餃子カレー 

詩  酒井力    夕暮れどき     

   日野笙子   カヌー下り

   勝嶋啓太   おなじ月を見ている/友人は世界を守っている 

   原詩夏至   学校を初めてさぼった朝

   木村孝夫   傘         

   安森ソノ子  楼蘭の美女/ノモンハン事件/ゴビ砂漠を走れば

   佐々木淑子  黄色いメッセージカード

   秋野かよ子  秋/満月一/満月二 

   たけうちようこ 「百万本のバラ」を聴いた夜  

   青柳晶子   悩む水    

   淺山泰美   閉じられた窓    

   末松努    なくならぬ     

   山口修    分身/下山道からずっと 

   市川篤    イルミネーションエフェクト/噓吐き/無限の可能性 

   逢夢恵    優しい視線/壊れた雨/いつかの海も/木を揺する 

   星野博    十円の旅/ハーモニカ  

   洲史     子どもの遊ぶ声   

   有馬敲    やせ我慢      

   曽我貢誠   君の涙/人を喰った話   

詩論 高橋郁男   詩のオデュッセイア―ギルガメシュからディランまで、時に磨かれた古今東西       の詩句・四千年の旅―第九回 最終回

詩人論

   永山絹枝   魂の教育者・詩人近藤益雄を読む  その二  

詩人論

   尾崎寿一郎  ランボーをめぐる諸説(15)

          渋沢孝輔のランボー 

エッセイ

   嶋田誠三   『島田利夫詩集』刊行の反響から

   矢城道子   見えるものと見えないものの間で

   淺山泰美   弥勒菩薩の寺で   

   堀田京子   いい夢を見た 芸術の音色展~出会いは人生の宝  ドイツ旅行

   大野悠    藁草履を作る先生  

   貝塚津音魚  里山再生を目指して⑭

   外村文象   奇跡の一発逆転ホームラン ─八十歳の日記 

   宮川達二   ノースランド・カフェの片隅で ―文学&紀行エッセイ 連載第六回

        銀座 バー・ルパン―三人の文士―

   北畑正人   詩人の俤 第五回  

詩  崔龍源    雲のなぎさ     

   松尾静子   りんどう  

   西野りーあ  火蛇あるいは炎龍  

   細島裕次   つぶやく詩かない/花火と火花

   福山重博   羨望の鴉/期待/道/

          キュウジョウ/自戒 

   竹森絵美  モノトーンしゃぶしゃぶ/神去り月

   山﨑夏代   ギニョールの演説舞台から

   木島章    ある朝   

   羽島貝   荊の冠/愚者の行進/素描XLVIII/痛みのソテー/その現象を、名付けられない。

   登り山泰至  白鯨の夢  

   鳥巣郁美   呼びとる日 

   堀江雄三郎  春を待つ男/ときめき(無冠の吟)/真昼の太陽〝ハイヌーン〟

   みうらひろこ O先生のこと/生き様という生き方    

   根本昌幸   港で/蜘蛛の巣の家 

   小山健    異界/水/公園 夕闇/不安

   貝塚津音魚  ばァばの里山鄙/ガラクタ/満月の尾瀬の木道で 

   田島廣子   女房/ほっぺたとしたとくちびる

   武西良和   筋肉つぶし/時間つぶし

   結城文    BTタワーの見える窓

   榊原敬子   夜明けまで 

小詩集

   美濃吉昭   『或る一年』八篇  

   井上摩耶   『峠』五篇     

   神月ROI  『組詩 秘められた神話』第三回

   高畑耕治   『逆行。未来への、』四篇 

特集論考

 第三十四回池袋モンパルナス小熊秀雄〈長長忌〉から

   田中益三 小熊秀雄のこと―黒人詩・ジャズ~サンチヨ・クラブ~心の城―

   宮川達二 回想の長長忌 ―玉井五一氏追悼―

   こたきこなみ 木島始詩集復刻版によせて

   佐相憲一 当日をふりかえって 長長忌のいま~小熊秀雄協会の今後~

詩集評

   若宮明彦   天災は忘れた頃にやって来る

詩誌評

   山口修    2015年 春から夏にかけて発行された詩誌から

現代詩時評

   佐相憲一   なぜ、いま、詩の心なのか

俳句時評

   川村杳平   熱闘! 松山・俳句甲子園 

短歌時評

   原詩夏至   「木馬の顔」を見る、ということ

俳句 石村石芯   雑草流句心(二)─明日への眼

   原詩夏至   拡声器   

短 歌

   原詩夏至   澪標         

小 説

   北嶋節子   常夜灯       

翻訳詩

   姜信愛    古びた引き出し/羽、巫女の儀式(権宅明訳・佐川亜紀監修)

詩  神山流衣/黒木アン  連詩 孤独の聖人

   矢城道子   入り口   

   大野悠    朝々の詩  

   やまもとれいこ 夏に降る雪    

   松棠らら   個の結晶/生きる  

   音月あき子  コンプレックス/私の朝

   籠空朋果   アカイナミダ/白い月

   中道侶陽   続き/狭き者よ/渦  

   中林経城   ある愛   

   久嶋信子   あなたは 

   二階堂晃子  3人は語り始めた  

   堀田京子   甦れ大地/造野菜     

   こまつかん  回遊   

   速水晃    漢字逍遥 

   外村文象   室戸台風が来た年に 

   児玉智江   泣く鬼子母神/南部藩から伊達藩に嫁いで

   古城いつも  深夜喫茶/どんでん返し/エピローグ     

   坂本梧朗   カティアは失明した 

   片桐歩    郭公/夢の途中   

   志田昌教   蛍の舞/蛍の炎/悔恨/恋を忘れるために  

   酒木裕次郎  水やり 2     

   佐藤勝太   秋のある日 

   林田悠来   危険な法律 

   中村花木   冬眠 

   杉本知政   旅行く人と共に

   宮川達二   アフマートヴァの肖像画

   石村柳三   死の音/《足の眼》の暗示

   佐相憲一   ところ         

   鈴木比佐雄 福島の祈り ―原発再稼働の近未来

書 評

『平和をとわに心に刻む三〇五人詩集』

   松本高直             

   曽我貢誠

『生存権はどうなった』             

   中村花木               

   星野博              

『島田利夫詩集』  

  小田切敬子                

  坂田トヨ子

『木島始詩集・復刻版』             

   石川逸子             

   宮川達二

秋野かよ子詩集『細胞のつぶやき』             

   北原千代             

   勝嶋啓太

尹東柱詩集/上野 都 翻訳『空と風と星と詩』             

    南邦和              

なべくらますみ

洲史詩集『小鳥のはばたき』             

   浅見洋子             

   木島章

悠木一政詩集『吉祥寺から』              

   野呂昶              

   原詩夏至

小田切敬子詩集『わたしと世界』             

   山岡和範             

  こまつかん

渡辺恵美子詩集『母の和音』            

  三島久美子             

   天野英

みうらひろこ詩集『渚の午後―ふくしま浜通りから』             

   前田新             

   悠木一政

皆木信昭詩集『むらに吹く風』             

   岡 隆夫             

   成田豊人

阿形蓉子詩集『つれづれなるままに』             

  安森ソノ子               

うめだけんさく

鎌田慧『悪政と闘う─原発・沖縄・憲法の現場から』             

   石村柳三               

   黄英治

尾崎寿一郎『「イリュミナシオン」解読』              

   竹森絵美              

   守口三郎

間渕誠『昭和の玉村っ子─子どもたちは遊びの天才だった』              

   大塚史朗                

   原佑典

伊藤幸子『口ずさむとき』              

   黒澤勉              

   木山蕃              

   カールアダムシク 『原爆地獄』     

   速水晃   黄英治小説『前夜』     

   鈴木光影  森岡正作句集『風騒』    

 宗左近氏 詩碑建立への協賛のお願い

詩論 曽我貢誠  あなたも少年少女に希望の詩を書いてみませんか

    『少年少女に希望を届ける二〇〇人詩集』に寄せて  

   鈴木比佐雄 日本の詩人たちにとって「非戦」とは何であり続けるか―中里介山、与謝野晶子、北川冬彦、押切順三、峠三吉、宗左近、末松努の「非戦詩」の系譜

    『非戦を貫く三〇〇人詩集―憎しみの連鎖を断ち、平和を創るために』

 『海の詩集』予告

 

編集後記           佐相憲一

編集後記           鈴木比佐雄

コールサック社 出版活動について

「年間購読会員」と原稿募集のご案内

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.