コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

佐藤勝太詩集
『名残の夢』
若者を戦闘へ駆り出し、庶民のささやかな楽しみを疎外し、感動の心を追いやるものを彼は拒否する。そして持ち前の誠実さとユーモアで生のかなしみ、出会いの喜びを見つめて、自然と人間のうたを大切にする。そんな佐藤勝太さんの詩世界は、複雑極まる苦悩の現代に、人生の夢を思い出させてくれる。(佐相憲一「解説文」より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説文:佐相憲一
46判/192頁/並製本 ISBN978-4-86435-239-0 C1092
定価:2,160円(税込)

佐藤勝太詩集『名残の夢』,詩,現代詩

発売:2015年2月18日



【目次】

 一章 断 章
断 章 
逝った人~杉山平一氏に~ 
無名詩 
愛しき日々 
何故だ 
心を洗う 
ことばの花火 
身に沁みる書 
あふれる挿架 
独りの歌声で 
黄昏の鐘 

 二章 戦争と平和
あの日の特攻隊員 
あの日の笑顔 
代理母の愛 
忘れられない青春 
開聞岳 
パールハーバー記念館 
戦艦ミズーリ号の戦後 
予科練生の悲劇 
七十年後の長崎 
被爆七十年 
平和になったが 
まだ残る戦争の遺物 
食糧難 
躊躇う食卓 
若者の戦中戦後 
運命の桜 

 三章 掌 話
待つ 
千年木を仰いで 
散 歩 
春の支援学校生 
ある若者の独り言 
老いの心根 
散歩道のドラマ 
病室の誕生日 
ある男の心情 
電車の中のパントマイム 
ある甲子園児と亡き母 
ある日の野球観戦 
百 姓 
世 界 
世界の日本相撲 
掌話(1) 
掌話(2) 
掌話(3) 
掌話(4) 
掌話(5) 

 四章 四季の散歩から
雑草の笑顔 
老いを叱咤して 
早春の川辺 
川水の夢 
梅の花 
静かな工場街 
残された生命 
朝の散歩道 
ヒガン花 
秋 
秋の日の午後
遥かな富士山
きょうの始まり

 五章 日々生きて
私の日々 
彷徨う日々 
朦朧の日々
焦慮の日々
野心 
狭くなる世間 
未完の悔い 
新しい風景 
忘れられないふるさと
果て無いか人生
宿 命
腕 白


 解 説 
     夢は真に生きることから生まれて残る 
                  佐相憲一 
 

 あとがき 
 プロフィール 

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)91号  2017年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)91号 2017年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.