コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

根本昌幸詩集
『昆虫の家』
子どもは、いつも目の前に存在するものに対する驚きの感覚で漲っている。見るもの全てが新しく、見ること全てが冒険である。大人になるに従って、全てを当たり前のように受け容れ、驚きの感覚が萎んでいく。『昆虫の家』には、藪の中で、土の中で、空中で、心の中で呼び交わされる無数の声が交響している。その声が奪われる瞬間の息を呑むような驚きと、驚きの後にひたひたと訪れる謐けさの中から、根本昌幸の詩は生まれる。にぎやかで無口な、おかしくて悲しい詩の群れである。(柳美里 小説家・劇作家)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
A5判/144頁/並製本 ISBN978-4-86435-294-9 C1092
定価:1,620円(税込)

根本昌幸詩集『昆虫の家』,詩,現代詩,福島,虫

発売:2017年6月7日



目次

 Ⅰ章 昆虫の家

飼育中
小さな虫に
草むらの村で
草の中
晩夏の虫
仮面
花のまわりを
昆虫の家
虫を探して
青虫を飼う
擬態と変態
川の中洲の柳の木
こほろぎ

 Ⅱ章 ハナカマキリ

ハナカマキリ
弱い虫
強い虫
みみず
アリ
バッタ
銀蠅
カメムシ
スズメバチ
とっくり蜂
尺取虫
スズムシ
芋虫
十一月の雨
蝶の冬
冬の虫
冬のきりぎりす

 Ⅲ章 虫・哀歌

昆虫の哲学
風が吹いている
知らない虫のうた
虫・哀歌
変な虫
話題
殺虫剤
おれは糞になった
時代だよ
会議
続・会議
化石の虫

 解説 鈴木比佐雄
 あとがき
 略歴

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

「COALSACK」(石炭袋)92号 2017年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.