コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

鳥巣郁美 詩集
『時刻の帷』
時空を内側から宇宙的視野でつかみとる個の思いのつながり。〈日暮れの径は呼びとった生の心を敷きつめている〉という深みで、いくつもの心が大地の重みとなって夜のとばりの向こうへ回転する。その〈途方もない距離〉と〈瞬時〉の光。〈胸内に湛えた量感の/ふと往き過ぎた人々の/振り落とした思惟の片鱗〉を感受する詩人が、来し方を掘り下げ見つめる、生の時空。(佐相憲一 解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:佐相憲一
A5判/128頁/上製本 ISBN978-4-86435-331-1 C1092
定価:2,160円(税込)

鳥巣郁美 詩集『時刻の帷』,詩

発売:2018年3月12日



目次

日暮れの帷
夜更けの道
首傾けて
限界ある夜に
彫像     
誘うものは
朝明けの一刻
いちまいの午後
足踏む時刻
綾なした日が
塀外を往く日
秋冷
透かし視たのは
痕跡
弥生三月
豪快な桜花に
対話の時刻
渚に立つ日
戦火をくぐるということ
仁川に沿う日
山並白く
響き残して
足音
背にあるのは
乾いた道で
手探る日
波打つものが
心の庭で
往き晋む心意は
生成の宿から
位置持つ生に
位置独つ
生命独つ
径行き独つ
淵に立つ日
仰向く日
臨み視る日
抱え持つ日
呼びとる日
踏みとる日
流転の足音
含みとるのは
呼吸する刻
旅路
ひとつの経路が

 解説 時空を内側から宇宙的視野でつかみとる個の思いのつながり 佐相憲一
 略歴

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)95号 2018年8月30日

「COALSACK」(石炭袋)95号 2018年8月30日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.