コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

安井高志 歌集
『サトゥルヌス菓子店』
『サトゥルヌス菓子店』なる集名はいかにも彼らしい。「サトゥルヌス」も「菓子」もすぐれて多様、多面、多形的であり、その両者のマッチングの先には、限りない展開が生成されるのだから。サトゥルヌスの周辺は、ローマ神話中最大の魔境であり、時の神また農耕神にして子を食う神、そのありようは多様、多面、多形を極める。他方、あまたある店舗のなかでも燦然たる猥雑を抱える菓子店ほど目くるめくものはない。このありようは、この一連にとどまらず、いや、本集のみにもとどまらず、彼の人生の主要部の基調モードでさえあった。(依田仁美「解説」より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:依田仁美/原詩夏至/清水らくは
46判/256頁/並製本 ISBN978-4-86435-340-3 C1092
定価:1,620円(税込)

COAL SACK 銀河短歌叢書7 安井高志 歌集『サトゥルヌス菓子店』

発売:2018年6月7日



目次

Ⅰ 
あかいひとは逝ってしまった 
手帳を捨てていかないように 
眼病
午前二時のライナス
噓よりも軽いもの ―コラボレーション絵画+短歌
水底弔歌
Ⅱ 
失声症のアンドロイド 
消えた題名
聖体拝領
少年の影 
白いサカナ 
窒息の詩学 ―将棋短歌
ぐうちょきぱあ
ぼうけんのしょ
もしディス(もしもディストピアで短歌を詠んだら)
明るい廃墟 ―なにもかもが作り物の街幕張新都心へ 

ぬるい三月
貝の音
ボーイソプラノ
やわらかく焼けろ 
つめたいひかり、しずかなひかり、
透きとおる足 
水にしずんだ町 
ウォーターフロント 
蒸発していく月
珈琲メイカーコンプレックス 
戸をたたく霧 
マルボロメンソールライト8mg
サトゥルヌス菓子店
銀色の街 

鳥をはなつ少年
万華鏡の夢
滑走路
標本少女 
棄てられた惑星 
そばの根の赤さ
あきれるほどの花束を 
まっしろな詩集
科学者のためいき
ジェイルハウスロック
さびしみの熱量
プリマ・マテリア
藍銅鉱をくだく男
深夜放送
マチ針を刺す
8bit 
那由他まで 
そうして二度と
とうめいな存在 
解説 概念との対話が放つ光芒  依田仁美
   海底の雪、しずかな雨   原詩夏至
   彼に触れれば       清水らくは

謝辞 安井佐代子

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)94号 2018年5月30日

「COALSACK」(石炭袋)94号 2018年5月30日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.