コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

齊藤保志 句集
『花投ぐ日』
齊藤保志氏の句には、戻らない父からの便りが届く。すると「路地裏にパン焼くかほり」が漂いはじめ、「竿竹の売り声」が春の風に乗って響きわたり、「いまだ見ぬ父眠る島」に「梅雨の蝶」となって、「父の日」には南太平洋の海に花を投げ入れるのだ。(鈴木比佐雄)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木光影
46判/192頁/並製本 ISBN978-4-86435-347-2 C1092
定価:1,620円(税込)

齊藤保志 句集『花投ぐ日』,俳句

発売:2018年6月22日



目次

路地裏 二〇〇八年
竿竹の売り声 二〇〇九年 
一壺天     二〇一〇年 
雛の深呼吸   二〇一一年 
暮六の匂ひ   二〇一二年 
父眠る島    二〇一三年 
螢狩     二〇一四年 
花投ぐ日   二〇一五年 
荒神輿    二〇一六年 
冬樹の芽   二〇一七年 

 解説  鈴木光影  
 あとがき  
 略歴  

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)95号 2018年8月30日

「COALSACK」(石炭袋)95号 2018年8月30日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.