コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

大城貞俊小説
『椎の川』
昭和17年、沖縄県本島北部の長閑な山村で暮らす松堂家の人々。貧しいながらも互いにいたわり合い、和やかな日々を過ごしていた。ところが、母親の静江が、当時不治の病と恐れられていたハンセン病を患ったのである。村人がパニックに陥る中、夫の源太は沖縄戦に召集される。残された子どもの太一と美代は、隔離された母静江を探すのだが……。沖縄県具志川市文学賞受賞作の復刻再刊。

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:村上陽子
文庫判/256頁/並製本 ISBN978-4-86435-353-3 C0093
定価:972円(税込)

大城貞俊小説『椎の川』

発売:2018年8月1日



主な登場人物


◇松堂家の人々(三世代が一緒に住んでいる)
   松堂源助…太一の祖父       タエ………太一の祖母
   源太………太一の父親       静江………太一の母親
   太一………主人公の少年(6歳)  美代………太一の妹(3歳)
   辰吉………太一の叔父       梅子………太一の叔母

◇大城家(静江の実家)
   大城貞市…静江の父親
   ウサ………静江の母親

◇その他(村人)
   山城栄作 山城トキ 森根茂子 多和田五郎 平良義信
   産婆ツル その他

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)95号 2018年8月30日

「COALSACK」(石炭袋)95号 2018年8月30日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.