コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

松村栄子詩集
『存在確率―わたしの体積と質量、そして輪郭』
芥川賞作家 松村栄子は、本当は詩人だった!10代、20代に書き綴っていた「言葉の雨」は、芥川賞受賞作『至高聖所(アバトーン)』の深層を明らかにし、この世界に挑む若者たちに生きることの勇気と希望を指し示す。

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
A5判/144頁/並製本 ISBN978-4-86435-359-5 C1092
定価:1,620円(税込)

松村栄子詩集『存在確率―わたしの体積と質量、そして輪郭』

発売:2018年9月26日



目次
  Ⅰ
想いの伝わらない言葉
夏の雨
完成する秋
同化する秋
乞う日
存在確率
虚数解の美学
決して誰にも云っては逝かない
ぼくの時(五篇)
それでもなお
ひとつの珠
独歩
  Ⅱ
夢綴り
いつか
そのいつか
仏蘭西窓
異教徒
日常的な土曜日
ゆびのあいだにごきぶりの血なんかつけていてはいけない
過ちのオルフェ
  Ⅲ
どんな悪い夢が
愛ではなく
原子的欲求
漂流
妹へ
父へ
陽だまり(六篇)
孤独者の群
金星蝕―1989.12.2
構図

  泉を囲んだ者たちへ
   ―あとがきに代えて
  解説 鈴木比佐雄
  著者略歴

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)96号 2018年12月30日

「COALSACK」(石炭袋)96号 2018年12月30日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.