コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

デイヴィッド・クリーガー詩集
『神の涙―広島・長崎原爆 国境を越えて』増補版
デイヴィッド・クリーガー氏が広島・長崎を訪れたのは1963年。衝撃を受けた彼は後に米国で「核時代平和財団」を創設し、半世紀近く核兵器撤廃に基づく真の世界平和を発言し続けてきた。彼がメンバーであるICANは2017年にノーベル賞を受賞した。彼が被爆者を記した詩集『神の涙―広島・長崎原爆 国境を越えて』は、長崎原爆資料館でロングセラーになり増補版が刊行することになった。(「帯文」より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
翻訳:水崎野里子/解説:鈴木比佐雄
46判/216頁/並製本 ISBN978-4-86435-424-0 C1092
定価:1,650円(税込)

デイヴィッド・クリーガー詩集『神の涙―広島・長崎原爆 国境を越えて』増補版

発売:2020年1月31日



 目   次

著者略歴  
はじめに  

Ⅰ 原子爆弾

科学者たち           
レオ・シラード         
トリニティのあと        
ポール・ティベッツ       
ヒロシマ 一九四五年八月六日  
八月の朝            
ヒロシマの四季         
山端庸介            
短い歴史授業・一九四五年    
神は涙で答えた         
アイゼンハワーの意見      
その爆弾             

Ⅱ 生存者たち

下方の人々                 
ゆるして かあさん  沢田昭二のために     
工芸品と灰               
被爆者の深いお辞儀  松原美代子に      
おばあちゃんの語り            
原爆の人々                
アインシュタインの後悔         
犠牲者はどこへ行った?    
広島の踊り          
死と化す           
被爆者は偶然の出来事ではない 

Ⅲ 思い出

広島平和記念資料館にて            
広島に落下されたその爆弾をどう呼ぼうか?  
禎子と尺八                  
夢の庭                   
空に響け                 
長崎の鐘                  
爆心地の早朝 長崎・二〇〇二年十一月十八日 
その爆弾が私達の神と化したとき      
身を伏せ覆え―一九五〇頃         
核兵器発射将校がどう行動すべきか    
平行する二つの宇宙                

Ⅳ 挑 戦

核兵器廃絶のための十の理由          
最後の句読点?               
想像力と核兵器                
大統領                   

Ⅴ 地球破壊の脅威と核廃絶
講演録 核兵器による地球破壊の脅威と核廃絶  

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)103号  2020年9月1日

「コールサック」(石炭袋)103号 2020年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.