コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

吉田正人 第一詩集
『人間をやめない 1963~1966』
詩人とは、詩を書くために生まれてきたような、溢れる詩的衝動を抱える表現者である。その内的必然性は、詩人の第一詩集から立ち上がってくる言葉の純粋性だろう。吉田正人第一詩集『人間をやめない 1963~1966』がこの度刊行された。これを読めば、そんな言葉の純粋性とは何かを明らかにしてくれる。(鈴木比佐雄 帯文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
A5判/208頁/上製本 ISBN978-4-86435-433-2 C1092
定価:1,980円(税込)

吉田正人第一詩集 人間をやめない 1963~1966

発売:2020年3月26日



目次


思想

M・Yの告白

最初の点

人間

人間と道

幸福な人に

なつのばんか

嘲笑

ある作家に

つぶやき

ひろったりんご

自由

十月の思想

彫刻


師と私

治にも負けず

ポエムマシンの思想

腹よ詩を作れ

イメージ

ひらがなのきせつ

沈黙

悪夢の中で

セリフ

夏の詩

ポエムビールス

星に感ずる

モチーフ

真夜中の随想

詩ズム

願い


世界デモ

五輪分解

政治家

小さな叫び

戦後二十年

カベ

バカモノノタメニ

あたりまえ

マンネリ人生

御忠告

接続語のスピーチ

選挙に思う

禁酒者の苦悩

酒について

栄光のために

ひげ

てがみ

カネ・カネ・カネ

真実


―思い出

レモンの愛

H・Mに

おんなのこ

口づけ

愛なんて

マイ・スィークレット

キミノナハ

孤独

チャタレー夫人

春の夜のいのり

芸術の……

最後のひとつ


Ⅴ 手書き詩片


Ⅵ 資料編・論考

奴隷の言葉

「奴隷の言葉 ―《社会復帰》という視点―」を読む 長谷川修児


著者略歴

解説 鈴木比佐雄

跋文 長谷川修児

謝辞にかえて 高畠まり子

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)103号  2020年9月1日

「コールサック」(石炭袋)103号 2020年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.