コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

岸本嘉名男 詩・評論選集
『碧空の遥か彼方へ』
「白雲」の志を抱く岸本氏は、様々な困難を抱えながらも、「今ひとときを生きる」ために、「白い想念」という純粋にこの世に存在するものたちと交歓する詩的精神を必要とする詩人なのだろう。そんな岸本氏の「邪念をすてて」、「碧空の遥か彼方へ」向かう多彩な詩篇を読んで欲しいと願っている。(鈴木比佐雄 解説より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
A5判/304頁/上製本 ISBN978-4-86435-444-8 C1092
定価:2,970円(税込)

岸本嘉名男 詩・評論選集『碧空の遥か彼方へ』

発売:2020年8月31日



目次

Ⅰ章 詩篇

初期詩篇集『彩雲』(一九九七年)より
白雲 
A piece of White Cloud 
修業 
孤塁 
素晴らしき日よ 
里帰り 
都会砂漠 
恵みの中で 
白い朝
朝の体操 
愁訴その1 
都会の日の出 
生きているかぎり 
私の冬景色 
愁訴その2 
不惑の年に
確たる道へ 
嗚咽 
みつめよ 
生きるに如かず 
遅いスタート 
せめぎ合い 
意識の語り 
生命はじけて 
憩いのひととき 
朝の釧路港 

第一詩集『碧空』(二〇〇〇年刊)より
夢の穂谷へ 
指摘 
春望 
夏のひととき 
雷雨でなく驟雨 
秋たおやかに 
オレンジ・ライン 
待ちわびながら 
穂谷再訪 
無心にて候う 
悠然として 
唯 有難う 
清純 
初冬の朝に 
大寒 
金剛山に語る日よ 
碧空 

第二詩集『釣り橋ゆらり』(二〇〇三年刊)より
旅人 
ホエール・ウォッチング 
東北ひとり旅 
葉山の海辺 
鎌倉湾 
再会
雨の白樺湖 
福井の旅
妙なるしらべと 
還暦同窓会
釣り橋ゆらり 
わがルーツ 
泰然自若 
灯籠流し 
湧くがおもい 
風におう湖畔 
鎮魂の浜辺 
平和の丘で 

第三詩集『四季巡る』(二〇〇四年刊)より
四季巡る 
春の予感 
定年退職日
再出発の春 
雨桜 
さくら 
二科展へ
黒と赤の夕景図
無心に歩いて
光彩暮色 
夕闇断想 
LOVINGKINDNESS 
夢の殿堂ついに成る 
映画「ホタル」
生きる 
亀岡・湯の花温泉

第四詩集『めぐり合い』(二〇〇五年刊)より
めぐり合い 
反転のイメージ 
アイルランド行 
知床序曲 
杜の都 
夕日思慕
友光亭 
ギャラリーの辺りで
わが歌の発祥地 
凧への仮説 
わがふる里ぞ 
自然と語る 
無為空間 
川下鎮魂 
春がまた 
宇宙 
ポン太 逝く
決別 
雪溶けて 
和みはいずこへ 

第五詩集『さすらい』(二〇〇六年刊)より
さすらい 
自分のせいなのに 
オアシス
浜辺にて 
眩惑 
わが残照 
白い想念 
心よひびけ 

第六詩集『見つめつつ』(二〇〇七年刊)より
安威川 
春めく頃 
送別会 
五月の窓辺 
中秋の夜明け
秋日偶感
ある日の出 
落日 
都会暮色 
幻の生 
近代化 
五十路 
我を見つめつつ

第七詩集『早春の詩風』(二〇〇八年刊)より
早春 
川生きて 
沖縄・夢追い旅 
天草へ 
雨のしまなみ海道 
水軍城 
四万十川へ 
京都・白川辺を 
雪吊り 
能登半島
補遺 「能登半島沖地震」
夢千代の里にて 
悠久の北京 
カナダ行 
咳づく正月 

作品集『わが魂は、天地を駆けて』(二〇一二年)より
神業 
エアロビクスに涙する
白い船 
ひとときの幸せ 
弱虫なれど、たまには強く 
ゴミ拾い ―先達の声を聞く 
超半世紀ぶりの我がサーカスは
 
第八詩集『なぜ社会とつながるのか』(二〇一三年)より
師走の都会 
世界の空へ 
継承という名の断想 
老骨がゆく 
思い出の中学校賛歌
タンゴ鉄道にて
凍る身ごころ 
ゴミのポイ捨てやめて拾ってみませんか
庭木切り落とし顛末記
自治会設立四十周年を寿ぐ
ある所感(底冷えの日に)
なごみ

第九詩集『光いずこに』(二〇一七年)より
光芒
イノセンス 
渦潮グルメ旅 
早春の詩風 
人と自然の博物館
古希祝う雪 
滋賀・疎開地の辺りへ 
極楽山浄土寺 
詩を生きる 
暑さ凌いで 
温泉付き 人間ドック 
カイロプラクティック
我が喜寿と越年のうた 
住めば都 
青空へ舞う鯉のぼり
陽はまた昇る 

第十詩集『残照』(二〇一九年)より
はるかなり人生
我が街「せっつ」―大正川の近くに住んで
二十一世紀へ 
開聞岳 
Mount Kaimon
ヤング・ドーター
A Young Daughter
わがまち礼賛
Adoration to My Old Town
我が喜寿のうた 
Birthday Song at 77 
去年・今年 
Last Year, This Year

Ⅱ章 音楽関連詩篇・歌謡詞篇

作品集『わが魂は、天地を駆けて』より
〈音楽関連詩篇〉
夢想郷へ 
ブルガリア弦楽オーケストラ
さぶちゃん大いに唄う
北島魂再見
大胆にして可憐・幸子芸
泣き笑いトークショー 
花子さんの生き生きライフ
桂あやめ独演会から

作品集『わが魂は、天地を駆けて』より
〈歌謡詞篇〉
旅立ち  ―序に代えて
新福知山線 
千里恋唄 
はぐれ鳥恋唄
ああ大阪城 
大阪野郎・ロマン星
さくら音頭
お見合いすんで 
初恋ドライブ・因幡道 
春の嵐 
生きる
息子よ
遊び心
ハッピィー・ライフ
お遍路 
桂浜慕情 
出逢い 
忍び恋 
坂道峠 
青春の門 
21世紀へのマーチ
旅人生 
マイ・オーストラリア 
北の海 
わが男道 
五浦恋がすみ 
白い湖畔 
悲恋天城越え 
にくい人 
生花一代
望郷峠 
学園歌 
摂津音頭 
沖縄の女 
さすらいレイン・アラウンド神戸

Ⅲ章 詩論

象徴考 
フロストの詩と言葉 
「詩の音律」考
朔太郎と猫


解説
  
詩でたどる、詩を生きる  神田さよ 
「白雲」の志を生きる人  鈴木比佐雄


  あとがきに代えて― 
    2020年(令和2年)
    わが余生

  岸本嘉名男著作一覧 
  著者略歴

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)103号  2020年9月1日

「コールサック」(石炭袋)103号 2020年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.