コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

小林功 詩集
『月山の風』
小林功氏は、スケッチ帳のほかに小さな筆記帳をもショルダーバッグに潜ませており、それには詩のフレーズを書き込むのだという。机上の想像でも空論でもなく、現場において詩が生まれ出ている。思えば、小林功氏の詩篇は自然の折々の相を詠い上げて美しい。(万里小路譲 解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:万里小路譲
A5判/192頁/上製本 ISBN978-4-86435-467-7 C1092
定価:2,200円(税込)

黒田杏子第一句集『木の椅子』増補新装版,俳句

発売:2020年12月2日



目次

 Ⅰ 春の息吹

生命の言葉
春の光
ひばり
春の調べ
鳥海山
さくら
夕映えの雲
春の翼
朝の歌
最上川
大欅
大空へ
この道
五月の一刻
花の永遠
萌えるみどり
はるか
育ついのち
光る海

Ⅱ 夏の炎天

白い船
六月の空
鷗と波濤
欅の年輪
欅の径の少年
門扉
梅雨の海
光への旅
漁火
夏野
歳月
朝の道

Ⅲ 秋の光

光る平野
瀬音
河口にて
風鳴り
月光
ゴーヤの記憶
悠然と
無想
秋の雲
山波
落葉
流星
白き山
夕陽
晩秋の海
光る坂

Ⅳ 冬の紋章

月山の風
北の海
冬の海
無音
小雪
オカリナ
雪の音
雪の記憶
十二月の風
白鳥
寒凧
蒼々と
しんしんと
大河
吹雪
厳冬の満月
山居倉庫にて
黒川能
季節の吐息
冬の記憶
白の彩り
北の海 2
冬の海 2


 随想
丹前 ―父の形見
ふるさとの山 ―鳥海山
人間への限りない愛 ―今井繁三郎画伯の訓え
山居倉庫 ―先人たちの知恵の結晶
センドウ ―旧正月のころ


解説 万里小路 譲
あとがき
著者略歴

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「コールサック」(石炭袋)108号 2021年12月1日

「コールサック」(石炭袋)108号 2021年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 鈴木光影 俳句と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.