コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

坂本麦彦 詩集
『漏れどき』
坂本氏は身近な場所から異次元の入り口を見いだして、想像力で古風な言葉に新たな息吹を吹き込んでいく。そんな様々な存在が重層的に動き始め、五感と霊感を駆使した力動的な言葉遣いと、それを積み重ねて三十篇にしてしまう文体の魅力が坂本氏の特徴だろう。(鈴木比佐雄 解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
A5判/128頁/並製本 ISBN978-4-86435-465-3 C1092
定価:1,650円(税込)

坂本麦彦 詩集『漏れどき』

発売:2020年12月2日



目次

Ⅰ 春

焚き火に誘ったが 去ってしまった
孫は今 冬か春か 夕方か夜かで悩む
節分の夜が深くなっていた
僥倖に戸惑っていた 
踏青してみた
夢で朝女に囁いた
五月五日を俯瞰していた

Ⅱ 夏

孫は今日 学校へ行かなかった
ふと思い出していた
ダンゴムシになりかけていた 
風待月に しゃがんでいた 
北枕で寝ている 
七夕だったのかもしれない
玉の緒に縋る人に添うひとがいた 

Ⅲ 秋

帚木を見ていた 
他人の自己視幻覚を辿っていた 
自閉の子が月に こだわっている 
夜明けの晩を入れていた 
阿呆陀羅経に縋るときもあった 
鬱を揶揄したこともあった 
漏れどき 
うつけ者は愛おしい 
神がいない月に祈る人がいる 
深い秋がここまで来てしまった
思い出が尻の穴に残っていた

Ⅳ 冬

冬 短日の外に出ていた 
今日は 昨日そして明日だった 
冬つごもりに酩酊していた 
猫の声に泣けた 
氷柱を想った

 解説 鈴木比佐雄 
 あとがき 

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「コールサック」(石炭袋)108号 2021年12月1日

「コールサック」(石炭袋)108号 2021年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 鈴木光影 俳句と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.