コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

村上昭夫著作集 下
未発表詩95篇・『動物哀歌』初版本・英訳詩37篇
村上昭夫『動物哀歌』には後半の詩篇が割愛されていた!半世紀の眠りから覚めた新発見の95篇を収録。詩「サナトリウム」には宮沢賢治達との魂の対話が記される。(帯文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄/大村孝子/冨長覚梁/渡辺めぐみ/スコット・ワトソン(水崎野里子訳)/北畑光男 
文庫判/320頁/並製本 ISBN978-4-86435-466-0 C1092
定価:1,100円(税込)

村上昭夫著作集 下 未発表詩95篇・『動物哀歌』初版本・英訳詩37篇

発売:2020年12月2日



目次

未発表詩95篇

サナトリウム 1  
サナトリウム 2  
サナトリウム 3  
サナトリウム 4  
サナトリウム 5  
サナトリウム 6  
サナトリウム 7  
サナトリウム 8 
サナトリウム 9 
サナトリウム 10  
サナトリウム 11  
サナトリウム 12  
サナトリウム 13  
弟よ  
少女よ  
祐子 
病んでいるゆう子 
生命線 
馬鹿  
看護婦  
山の幻想  
ラリックス物語  
若い合唱  
三か月  
冬  
猫のお見舞  
クリスマスの夜  
かんこ鳥 
親なし子兎 
流れ星  
恋なれば 
北上川  
雪の降る町  
女学校の庭  
一本木原  
私  
望んで  
ただ熱心に  
軍靴  
女  
狼  
失恋 
キリスト 
秋と女  
小さな恋人 
ミソサザイ  
月見草  
北満にて  
パンパンガール 
理想  
白い心  
追憶  
愛  
愛について 
まき割りじいさん 
子供よ  
仮装行列  
なぜ 
詩人なんか要らない 
空  
人  
雲 
火 
白鳥の火  
政党 ⑴  
政党 ⑵ 
国歌 
死について  
秋の風景  
るり草 
黒い夢 
平泉  
姫神山 1 
姫神山 2 
山の上 
ふくろうの森  
雑音  
私  
小さな風景 
くろつち 
春の子  
影法師
お嬢さん  
聖人  
うさぎ  
お許し下さい  
金曜日  
秋 
かみなり  
理想  
獅子  
雪の降る晩 
七羽の白鳥 
童話的な雲 
五葉山の森 
『動物哀歌』初版本

序 村野四郎 
 

鶴 
金色の鹿 
すずめ 
小鳥を葬るうた
熱帯鳥  
雁の声  
鳶の舞う空の下で  
太陽にいるとんぼ  
鴉  
カラスの火  
鴉の星 
鳩  
鳥の未来 
リス
牛の目 
ねずみ 
空を渡る野犬 
深海魚 
象  
熊のなかで
熊のなかの星 
豚  
屠殺場にある道  
宇宙を隠す野良犬  
坂をのぼる馬 
犬 
失われた犬 
按摩と笛と犬  
亀  
芝居をする猿に寄せて 
スクリュウという蛇  
都会の牛 
虎  
石の上を歩く蚯蚓 
鳥追い  
私をうらぎるな 
化石した牛
巨象ザンバ  
つながれた象 
灰色のねずみ  
あざらしのいる海 
干された泥鰌 
死んだ牛
黒豹  
蟻とキリギリス 
象の墓場  
うみねこ 
じゅうしまつ  
実験される犬  
黒いこおろぎ  
捨て猫  
犬  
駱駝  
こおろぎのいる部屋  
ひき蛙 
兎  
ひとでのある所  
蛇 
マンモスの背  
野の兎  
狼  


星を見ていると  
アンドロメダ星雲 
シリウスが見える  
賢治の星  
一番星 
道  
悪い道  
ある冬について 
宇宙の話
宇宙について ⑴  
宇宙について ⑵  
ひとつの星 
月から渡ってくる船 
それが天なのだ 
五億年 
雲 
紅色のりんご ⑴  
紅色のりんご ⑵ 
その以前とその以後 
もっと静かに  
オリオンの星の歌 
宇宙を信ずべきか  
光の話 
太陽系 
ただひとつの願い  
衣を縫う仏陀
ゆう子  
神  
キリスト  
女人  
荒野  
神の子  
荒野とポプラ 
如来寿量品  
去って行く仏陀  
精霊船 
神様 
出家する  
乞食と布施 
仏陀を書こう 
破戒の日
鬼子母神 
経  
エッケ・ホモ
仏陀  
木蓮の花  


タクラマカン砂漠  
其処 
誰かが言ったに違いない 
土よりも深い苦悩を 
ぼくはそれと対決する 
四月
愛  
雪 
夜の色 
ミッシング・リンク 
三つの道 
愛の人 
男の背  
一本足の廃兵 
氷原の町 
スターリンに寄せて 
兄弟 
子守唄 
うた  
北の裸像 
秋 
破船  
母について 
教えておくれ  
エル 
地底の死体 
ぶよぶよの魂 
かたい川
五月は私の時 
おお それはそれは 
闇のなかの灯  
青い草原  
車をひく父  
靴の音 
秋田街道  
あいている椅子 
埋火 
枝を折られている樹 
エリス・ヤポニクス 
ぼくという旅人 
その山を越えよう 
残るものが残るのだ 
愛宕山の向こう 
ソヴエット・ロシヤ
長靴をはいて  


終りに 
砂丘のうた 
大人のための童話 
ふと涙がこぼれる 
空洞  
ある音について 
ある笑いについて 
死について  
死と滅び 
人 
岩手山 
遠い道 
なぜ 
愛さなければならない 
お母さん 
世界 
山の道  
その恋を 
男 
道 
言葉について 
石に言葉をきざむ 
そんな世界が 
不幸は限りなく続く 
引揚船 
恋をすると
李珍宇 
戦争 ⑴  
戦争 ⑵ 
戦争 ⑶ 
戦争 ⑷ 
戦争 ⑸ 
戦争 ⑹  
爪を切る 
悲しみを覗く 
バラ色の雲の見える山 
人は山を越える
河 
河が流れている 
海の向こう 
樫の木 
病い 
航海を祈る 
後記 大坪孝二
解説・論考

鈴木比佐雄 
大村孝子  
冨長覚梁 
渡辺めぐみ 
スコット・ワトソン(水崎野里子訳) 
北畑光男  

編集付記 
英訳詩37篇 スコット・ワトソン訳 

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「コールサック」(石炭袋)106号 2021年6月1日

「コールサック」(石炭袋)107号 2021年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 鈴木光影 俳句と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.