コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

斉藤六郎 詩集
『母なる故郷 双葉 ―震災から10年の伝言』
本詩集は孫のことみちゃんに語り掛けるように綴られており、故郷・双葉町で経験した大災害の真実を伝えている類例のない叙事詩集だ。けれどもその詩的精神は双葉町にあった東京電力福島第一原子力発電所の「安全神話」を疑うことなく、自然災害や原発事故を想定していなかった自分自身に対して、自己を断罪する内省と故郷を喪失した深い悲しみの思いが貫かれていて、豊かな抒情性も併せ持っている。(鈴木比佐雄 解説文より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
解説:鈴木比佐雄
A5判/152頁/並製本 ISBN978-4-86435-474-5 C1092
定価:1,650円(税込)

斉藤六郎詩集『母なる故郷 双葉 ―震災から10年の伝言』

発売:2021年2月24日



目次

 ことみちゃんへ  


大地震  
大津波 ―両竹・前田川樋場橋付近にて 
大津波との遭遇  
道路を家が走る ―氏神様の高台から 
家がない ―津波のあと 
全町避難指示 ―3・12早朝
避難行列  
避難所 
原子力発電所の爆発 
放射能 


借り上げ住宅での思い ―福島市渡利の借り上げ住宅で 
望郷の念 ―つくば市の避難先で 
憤怒の念 ―つくば市の避難先で 
原発の事故さえなかったら…… ―つくば市の避難先で
今朝もまた ―つくば市の避難先で 
無力 ―つくば市の避難先で  
懐かしい故郷 ―つくば市の避難先で 
つくばの風 
教え子の夢 ―つくば市の避難先で 
つくば市の思い出 
小さな命 ―千葉の小四 栗原心愛さんの死の報道を見て 


カナダへ ―孫の誕生 
ナイヤガラ 
ゲストハウス 
マンションでの出来事 
地下鉄の車中で 


いわき市 錦町 
安住の地 ―「やました福寿苑 錦」
誇りと責任 ―「やました福寿苑 錦」 
終の住み家  
変わりゆく故郷 
十三夜 

 あとがきに代えて 斉藤 六郎 
 跋文 おじいさんの伝言 二階堂 晃子 
 解説文 歴史の真実を孫娘に切々と語り掛ける人 
   『母なる故郷 双葉 ―震災から10年の伝言』に寄せて 鈴木 比佐雄 

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「コールサック」(石炭袋)106号 2021年6月1日

「コールサック」(石炭袋)107号 2021年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 鈴木光影 俳句と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.