コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

鈴木文子の朗読の会
合同詩集『心をみつめて』
「声で伝える 鈴木文子の朗読の会」新川和江先生の命名により、会が産声をあげたのは、二〇一七年二月四日。「鈴木文子さんの朗読を、はじめて聞かせて頂いた時の感動は、十年経った今でも耳底に、心の奥に熱く根付いています」(新川先生からの手紙より)との言葉が私の背中を強く押してくれた。(鈴木文子「あとがき」より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

その他にも立ち読み可能な書籍がございます
【コールサック社電子ブック立ち読みサイトはこちら】
A5判/126頁/並製本 ISBN978-4-86435-480-6 C0092
定価:2,200円(税込)

鈴木文子の朗読の会 合同詩集 心をみつめて

発売:2021年4月20日



目次

序詩 新川和江
木かげ 

宝石 四篇 藤井民子
野鳥 
車を手放して 
宝石 
運動会

町中散歩 四篇 窪谷泰子
寒い冬 
町中散歩 
春 
電話 

山百合 四篇 山﨑清子
山百合 
もろこし 
桑の実 
九十歳のクラス会 

夏の晴れ間に 五篇 永田浩子
夏の晴れ間に 
こうもり
スナップエンドウの花が咲いた
木洩れ日の下で 
ゼロか一しか選択肢のないあなたへ

辺野古の海 四篇 太田章子
忍者 
一〇〇歳の誕生日 
「ふくしま」を 
辺野古の海 

お岩さんになった師匠 四篇 野口正士
お岩さんになった師匠
茸狩 
冷水を浴びる
夢の中で逝けたら 

ホハル 四篇 清水美智子
ホハル 
出会い 
次郎のスーツ 
花と地球 

心をみつめて 六篇 羽賀壽子
わたしの名前 壽子 
コロナの夏とペスト菌
心の叫び
心をみつめて 
力づよい手 
ウインク 

我孫子だより 四篇 鈴木文子
我孫子だより 
仏の座 
郷土の雨乞い祭り 
秋 蒼い空の記憶 


あとがき 

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「コールサック」(石炭袋)106号 2021年6月1日

「コールサック」(石炭袋)107号 2021年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 鈴木光影 俳句と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.