コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

比留間美代子朗読詩選集
『なみだきらめく』
比留間美代子氏はすでに夫や多くの親しい人を亡くしているが、「なみだ」によっていつでも心が通じ合うように感じ取れる。その心の「奥の奥」の「なみだの壺」から世界中の人びとや生き物たちが「なみだ」を汲み上げて心を洗っていることに共感しているのだろう。そんな「明日につながるいのち」を宿した詩篇を口ずさむように読んで欲しいと願っている。(鈴木比佐雄 解説より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。
解説:鈴木比佐雄
A5判/192頁/上製本 ISBN978-4-86435-525-4 C0092
定価:1,980円(税込)

比留間美代子朗読詩選集 なみだきらめく

発売:2022年5月16日



目次


序詩 なみだきらめく
Ⅰ 慟哭
母の生きた道
命の尊厳
慟哭
アカシヤの花
憂愁の宵
嫁ぎゆく娘へ
キラリ尊いものを見た(日の出町にて)
万有
時は進む
幼児とトカゲ
青い生命が満ちてこぼれて
羊の眼
熱砂の風が吹きすさぶ
Ⅱ 滴
手を振る幼な子
襞が深まれば
泣き笑い
桜花咲く道を通って
ぬくもりの空気
どこまでも歩いていく児
荒野の人
はまゆうの葉と露玉
解けない謎がから廻りする
蒼い空の広さよ
虹色の夢を乗せた故郷の駅
Ⅲ 花とひかり
ゆめまぼろしの人の世は
男は泣いた
夜半のしじまに
石を撫でていれば
手を合わす孫達
新たなる一歩を
寒風
ふるさとの風の音
それぞれの轍
花水木の葉先からの滴り
形見草
花とひかり
チゴイネルワイゼンの曲が高鳴る
伊勢詣で来(古事記より)
Ⅳ 野ばらの変遷
鉄橋の上で見た火の玉
沖縄に散華した叔父
仏前の二つの写真
復興していった焼跡
叔父の散華した地に佇む
魂の叫び
目眩
闊達な日よ蘇れ
湖面に届く声
春嵐の頃
野ばらの変遷
百舌の高鳴き
寂しみが住んでいた


 解説 鈴木比佐雄
 あとがき


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「コールサック」(石炭袋)110号 2022年6月3日

「コールサック」(石炭袋)111号 2022年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 鈴木光影 俳句と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.