コールサックシリーズ

書籍一覧 新刊

上野都 詩集
『不断桜』
上野都氏は、この世界の様々な事物への驚きを不断に問い続ける詩人なのだろう。桜は春に咲き短期間で散っていくものだという常識に囚われないで、晩秋から冬の終わりまで咲き続ける「不断桜」の逞しさに上野氏は心惹かれている。今が仮に冬の時代だとすれば、この時代に私たちを励ますのは「不断桜」なのだと物語っているかのようだ。(鈴木比佐雄 解説より)

目次と本文の一部、解説を立ち読みできます。
ダウンロード不要の電子ブックが開きます。

A5判/160頁/並製本 ISBN978-4-86435-532-2 C0092
定価:1,870円(税込)

上野都 詩集 不断桜

発売:2022年7月29日



目次


Ⅰ 歌う人

歌う人
西日暮里
土・ふくしまの
星をなぞる指
炎がたり
採譜
「あさの・つゆの・やかた」
見たことがある
消耗率
「夜 帰りきて」(尹東柱作・上野都翻訳)
返し歌 小さな林檎
「道」(尹東柱作・上野都翻訳)
返し歌 「道」の向こう
立つ

Ⅱ 白虹

昼の月
手を振って
点滴
残炎
化粧筆
夏の果てに
おいしい牛乳
的中
かみ
瞑目
十三夜
白虹
階段
初点
不断桜

Ⅲ 歳月つれづれ

またの春に
秋のお膳は……
年賀状によせて
影で読ませる―ということ
黄色い春は―
夏はいつのまに……
障りあらすな……
失われて気がつくもの
コロナ禍ともに
桜が散る



 解説 鈴木比佐雄
 あとがき
 著者略歴

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「コールサック」(石炭袋)110号 2022年6月3日

「コールサック」(石炭袋)111号 2022年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 鈴木光影 俳句と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.