詩誌コールサック

前のページに戻る

詩誌コールサックへご寄稿ください

「コールサック」(石炭袋)116号 2023年12月1日

「コールサック」(石炭袋)116号 2023年12月1日

定価:1,320円(送料込)


扉詩 宮川達二 岩保木水門の夕陽

 

特集1 関悦史が聞く俳人の証言シリーズ(4)

インタビュー 関悦史が聞く昭和・平成俳人の証言⑷

   池田澄子俳句の熱い日々

特集2 『多様性が育む地域文化詩歌集』

書評   高橋英司 多様性の海へ漕ぎ出すこと

高細玄一 「個人個人の記憶と体験の中にある『根源』を掘り下げる作品群

安俊暉 多様性が育む地域文化詩歌集について

八重洋一郎 「多様性が育む地域文化」が尊重されない沖縄の現状報告離島住民の危機意識を中心に―

中川貴夫 「温羅伝説」が物語る歴史の深層

山﨑夏代 『多様性が育む地域文化詩歌集』を読む

加瀬みづき 多様性の中に開花した俳句

髙橋純子 思いを言葉にして紡ぐ喜び

岡田美幸 産土の地、遥かなる地

 

高細玄一 こどもを殺すな/安寧秩序/諸戸の月の下で

山﨑夏代 水に流す

あべ和かこ 銀河の一粒/水の星

東梅洋子 うねり 命

鈴木正一 棄民の郷愁/待ちわびた解除/ことば

酒井力 忘却の譜

狭間孝 子どもの頃、砲台の中を歩いた/門崎砲台跡、一般公開前に

小山修一 加齢症例花粉とコロナウイルスと膝関節/解凍氷と水筒と社会/言葉の日

水崎野里子 飢饉飢餓/ちゃんちきおけさ

みうらひろこ 茗荷の子

植松晃一 いくつもの爆発音

鈴木比佐雄 Aquaの沁みてくる時間

座馬寛彦 吊り革

 

追悼文  鈴木比佐雄 志田昌教氏を偲んで

 

日野笙子 兵隊人形

高柴三聞 橋

勝嶋啓太 妖怪図鑑「見越し入道」

熊谷直樹 妖怪図鑑「見越し入道」

井上摩耶 何よりも自分らしく/励ましのバレリーナ

藤谷恵一郎 メメントモリ/続・メメントモリ/鳥籠/受粉の使者/薔薇の声/

 木霊薔薇の言葉

風守 アラーム/消失点

原詩夏至 重力/坂道/報道

青木善保 拈華微笑の柳沢友子さん/国譲りの深慮

坂本梧朗 やすらぎと諦め

 

方良里 小鳥たち/ある街角で

淺山泰美 冬の詩

近藤八重子 秋/イルミネーション

青柳晶子 地球家族

石川樹林 「夕映」の階段

石川啓 エデンの外で

植木信子 声のこと

村上久江 彼らにも

千葉孝司 6570日/雪原

外村文象 世界水泳福岡 2023/新しい生活/天の采配/

 阪神タイガース十八年ぶりの優勝

柏原充侍 太陽が見守ってくれる/秋の日/哀しみの冬/白い雀

羽島貝 年末のパーティーで言葉を飲み込む為に、ドリンクを手に取った彼の唄。

翻訳詩 Jun Hataraki English Translator : Noriko Mizusaki

 On Miikxe : The Three Ponds

働淳 三つの池

 

俳句・川柳・短歌・狂歌・作詞

俳句時評 鈴木光影 逢うことと書くこと

       池田澄子句集『月と書く』を読む

俳句       今宿節也 賢治祭

松本高直 海馬の海

原詩夏至 天窓

福山重博 虚構のかけら

水崎野里子 コウモリ 

鈴木光影 秋の石

 川柳   水崎野里子 辰年を祝う

      堀田京子 償いの歌

短歌    原詩夏至 幽霊

水崎野里子 曼珠沙華が咲くころ

大城静子 沖縄の彼岸

よしのけい 柏

岡田美幸 黄金平野

福山重博 イカフライ

村上久江 八月のまた巡り来る

座馬寛彦 埋立地

短歌時評 座馬寛彦 「あたりまへ」のようにコロナ禍を終えない

 

狂歌      高柴三聞 狂歌八首とおまけ 

                 令和5年7月~8月まで

作詞      牧野新 ゆるっしゃたもんせ/大久保利通の懺悔

 

詩 Ⅳ

現代詩時評 原詩夏至 「虚実皮膜」の諸相、又は「詩人」と「レスラー」

詩誌評     植松晃一 無数の差異が生む現世の多様性

詩集評     岡本勝人 連載 詩集評(五)書かれた「詩」の日常に閉塞する市民社会と

 エイジング現象が浮かんでくる。そこに詩の発端があるだろうか。

小詩集    永山絹枝 『遣欧使節のスペイン・ポルトガル』

成田廣彌 『令和五年の七月の歌と八月の歌』

高橋郁男 『風信』三十二

堀田京子 『バス停の人生』十三篇

萩尾滋  『悲歌のポリフォニー』第七回

 

エッセイ・評論

エッセイ 淺山泰美 飴/天才と災厄

宮川達二 ノースランドカフェの片隅で文学&紀行エッセイ

 第三十八回紅葉谷の二人―齋藤史と渡辺和子―

原詩夏至 「ぼくら」の「ら」、そして「全滅」と「凍結」

日野笙子 追憶の彼方から呼び覚ますもの11

 「チボー家の人々」とホイットニーヒューストン

 ―なぜ子どもの権利条約(国際法)なのか

石川啓 『辺野古基金事務局』の意志と『絵が語る八重山の戦争』抜粋

水崎野里子 スウェーデン、ヨテボリへの旅

評論   星清彦 終戦直後に登場した出版界の風雲児

              青山虎之助と「新生」(二)

永山絹枝 国分一太郎(5)国分と益雄等を感化した詩人たち―

 「新美南吉・野口雨情・宮沢賢治・村山俊太郎」

鈴木比佐雄 若者たちが「賢者」となるための「名言・警句・箴言集」

 ―生井利幸『賢者となる言葉 三〇〇篇』に寄せて

鈴木比佐雄 「灼けつく渇き」と「火花のような愛の言語」を検証する人

 趙南哲『評伝金芝河とは何者だったのか韓国現代詩に見る生』

 に寄せて

小説

小説時評 宮川達二 『深い河』―遠藤周作の遺作―

小説   小島まち子 ひと夏の家族(6)

富永加代子 楽園の扉(2)

高柴三聞 桜と二口女

前田新 草奔伝 老年期4

坂本梧朗 見果てぬ夢小説 堺利彦伝 (2

大城静子 闇風

書評

生井利幸箴言集『賢者となる言葉 三〇〇篇』

日野笙子  「今」こそHuman Dignityあるいは心優しき街の哲学

近藤八重子 賢者となる言葉 三〇〇篇に寄せて

藤田博詩集『億万の聖霊よ』

青木由弥子 新生への確信

清水康久 世界への架け橋

佐野玲子詩集『天地のひとかけら』

万里小路譲 人類ファーストの終焉

照井良平 「恩返し」の祈りが視える詩集

趙南哲詩集と散文『生きる死の果てに』

渡部一也 峡間に屹立する諸相

後藤光治 怒りを言葉に、詩人へのメッセージ

大関博美評論集『極限状況を刻む俳句 ソ連抑留者・満州引き揚げ者の証言に学ぶ』

三島広志 戦争犠牲者の親族に寄せて読む

岡田美幸歌集『グロリオサの祈り』

原詩夏至 都市鉱山のカナリア

福田淑子 「他者」との和解としての短歌

鈴木正一詩集・評論集『あなたの遺言―わが浪江町の叫び』

みうらひろこ 『あなたの遺言わが浪江町の叫び』を読む

若松丈太郎英日詩集『かなしみの土地 / Land of Sorrow

神田さよ 福島第一原子力発電所事故の〈かなしみ〉

天瀬裕康詩集『閃光から明日への想い―我がヒロシマ年代記 My Hiroshima
Chronicle

鈴木比佐雄 「核のない世界が浮き上がってくる」と天瀬氏は言う

評論・呼びかけ文 鈴木比佐雄

詩・俳句・短歌・エッセイは「永遠平和」をいかに問い続けるのか『沖縄・広島・長崎からの永遠平和詩歌集 ――報復の連鎖からカントの「永遠平和」、賢治の「ほんとうの幸福」へ』(日本語版/英語版)の公募のための呼び掛け文

アンソロジー詩歌集 公募趣意書

 

編集後記 鈴木比佐雄

     鈴木光影

     座馬寛彦

     羽島貝


前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「コールサック」(石炭袋)116号 2023年12月1日

「コールサック」(石炭袋)116号 2023年12月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • 沖縄関連書籍
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 鈴木光影 俳句と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.