コールサックシリーズ

森徳治 評論・文学集
『戦後史の言語空間』

戦後史を、思想的言語獲得の空間と捉えれば、戦争責任追及の問題が国民的課題としては、この戦後史の空間にほとんどすっぽりと抜け落ちている、といわねばならない。この、戦争責任の問題を含め、戦争からの伝言を戦後史の中にみつけたい、というのが私の本文を書く願いなのである。(一章より)

解説文:鈴木比佐雄
A5判/416頁/ソフトカバー
定価:2,160円(税込)

解説文:鈴木比佐雄はこちら

森徳治 評論・文学集『戦後史の言語空間』

発売:2011年4月22日



【目次】

一章 戦後史の言語空間
1 審判の構造
2 餓死について
3 餓え(続)
4 『野火』
5 氷について (石原吉郎と鳴海英吉)
6 氷について (続)
7 通路
8 最後の戦闘機
9 戦争責任
10 蚤の跳梁
11 頂点
12 頂点―(権威と権力)
13 戦争勃発の原因
14 戦後からの声

二章 ニューギニア戦
ニューギニア戦 前文
ニューギニア戦 1(砲撃)
ニューギニア戦 2(山越え)
ニューギニア戦 3(飢餓)

三章 戦後文学
戦後文学 1
戦後文学 2
戦後文学 3
戦後文学 4
戦後文学 5

四章 詩人たち
詩人たち 1
詩人たち 2
詩人たち 3
詩人たち 4
詩人たち 5

五章 詩論
戦後精神の軌跡 吉原幸子論
真壁仁論 ―野の詩人―
鳴海英吉論

六章 詩篇
詩集『祖父が少年だった時戦争があった』  
はじめに
黒 潮
断 然
一九三七 ・一二 ・一三
照 準
戦 場
赤 弾
一九四一・一二・八
餓 島
蜂の巣
一九四四 ・一〇 ・二五  レイテ沖海戦
一九四五 ・三・九から三 ・十の朝まで
地獄の火の鳥
上野駅前
ヤマダイスズ
バッタ
敗戦の日
処 刑
長編詩 雲の記憶 ―厚木航空基地1945年―  
一、引地川
二、松の記憶
三、雲の記憶
四、海の記憶
五、闇の記憶(1)
六、闇の記憶(2)
七、ふたたび引地川

七章 歌集 鏡

八章 童話・少年小説
おじいちゃんはサラサーテがすき
岡の上の塔

九章 歴史小説 激流の端

十章 自伝
葛飾に住んで
葛飾に住んで2

 
解説 戦争責任論と戦後思想の構造を明るみに出す人  鈴木比佐雄
あとがき
森徳治 年譜
初出一覧



前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.