コールサックシリーズ

大井康暢詩集
『象さんのお耳』

象さんの耳はなぜ大きい それは遠いところから/神のお告げを待っているからだ/大きな耳 それは 水の音を聞き分けるためにある/水の音を聞き 水の危険を知っているのだ/地震や津波を仲間に知らせるために(帯文より)

栞解説文:鈴木比佐雄
A5判/184頁/上製本
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

大井康暢詩集『象さんのお耳』

発売:2011年8月26日



【目次】

目次

一章  夕蝉

石割りざくら
訪れ

春の海
花すだれ
花のいのち
雷鳴
夜の蛙
夕蝉

寒い夏

上州の秋
凍る秋
冬の花火

二章  難民の季節

難民の季節―タケミツに―
指揮者の顔―クラシックファンに―
作品一三二番イ短調
勧進帳
第三の男
白い雲
笑う

いのち

三章  雪が降る

雪が降る
春の別れ―Sに―
落花
ブルカ
死の床で
大森隆夫に

四章  象さんのお耳


元日
富士
碁打ち
愛の神話
神の涙
夜の雨
ミイラは眠る
黒い地球
消える
末期の眼
津波
震災余話
少女、この世の宝もの
象さんのお耳

あとがき
詩 歴

詩篇

「象さんのお耳」

象さんの耳はなぜ大きい
それは遠いところから
神のお告げを待っているからだ
砂漠に沈む焼け焦げた真っ赤な太陽
高い空から光が降り注ぐ
砂と草原の陽炎のたつサバンナ
野生の聖域を群れなして歩く
大きな耳 それは
水の音を聞き分けるためにある
光にきらめき
ちょろちょろと滴り落ちる
熱帯樹林の幹を伝って
砂漠の水を集めて木陰の池に流れる
水のさわぎを聞くためにある

百キロの遠くからでも聞き分ける
水の音を聞き
水の危険を知っているのだ
地震や津波を仲間に知らせるために
おそろしい悲鳴をあげ
長い牙を振り立てて
遠く高い所へ狂ったように逃げる
耳を広げ翼となって

それが象さんのお耳


 

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

「COALSACK」(石炭袋)99号 2019年9月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.