コールサックシリーズ

青柳俊哉詩集
『球体の秋』

生動の存在を肯定しえない詩想から、生動の存在は万象の乖離したところに実在としてある。青柳俊哉の精神は飛翔する。その詩群は優しさにあふれている。(帯文:山本十四尾)

栞解説文:鈴木比佐雄
A5判/176頁/上製本
定価:2,160円(税込)

解説文はこちら

青柳俊哉詩集『球体の秋』

発売:2011年10月7日



【目次】

目次

Ⅰ章 古代の朝

古代の朝
古代の鴉
黒い土
清浄の朝
生まれえぬものの薔薇
否 定

Ⅱ章 夕映えの窓

夕映えの窓
白い像

三輪車
生家の白い沼に
母の雪原を転移してゆく鳥のように
空の家
夏祭りのかげで
まなざしのなかの葉かげ
K に
緑色の死
雪のように 星のように


Ⅲ章 球体の秋

原 野
花のしるし
青い花
白い花
紫陽花 一
紫陽花 二
歩廊の影
水中のグラジオラス
ほおずき
球体の秋
不安な葉
雪のふる町
雪のかなしみ

Ⅳ章 霊 蝶

霊蝶 一
霊蝶 二
霊蝶 三
石 一
石 二
石 三
肉体と風景
肉体の格子
ある意志に

Ⅴ章 永 遠

砂丘の上のベンチ
フィルター
位 相
飛行機
足 音
めざめ
投 身
陰 影
パラレル
メモラビリア(精霊たちの世界)
夜の光におもう
浄められる数式
永 遠

あとがき
略 歴


詩篇

「球体の秋」

 ある秋の夕刻 光と影の境界が消えて 陰影のない無重力の球体が生まれ 日没前の空間を密かにつつみこんでゆく 遠い扇状の山々は円やかに屈曲してまぢかに迫り上がり 薄い斜光の射す里にひぐらしの声は衰え 虫の音に混じって彼岸花の花茎が赤く染まってくる 
 むかいのマンションの屋上では 地上から高く跳ね上がったボールが白い球体の貯水槽に重なって静止し そのまま一体となる 地上でボール遊びをしていた父子が白いボールを引き剥がそうとして球体を空へ持ち上げている 球体はしだいに宙へ浮かび上がり 父子も球体を持ち上げる姿勢のまま空へ上ってゆく 空の上ではカーンカーンと金属を打ち鳴らすような不思議な音が響きだす 球体は空高く上ってゆき その光景を見ていたマンションの住人たちも 窓からバルコニーから 昇天するように空へ上ってゆく
 その夜 月光天は満月で 精霊たちは鐘を打ち鳴らして祝福し 滴るような金色の単を身に纏う女たちが 秋の糧を 満ち満ちて閉じてゆく球体の秋を 金色に発酵する月の滴で満たすのである 

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)98号 2019年6月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.