コールサックシリーズ

大谷佳子筆文字集
『夢の種蒔き―私流遊書(わたしのあそびがき)』

これほど希望と夢と明日を一致させて今を生きる勧めを淡々と、しかも熱く筆文字で書き記す書は、今まで存在してこなかったのではないか。東日本大震災の3・11以後に肉親・知人を亡くされたり、家も仕事も故郷も失くしてしまった多くの人びとやその関係者たちは、想像を超えた「空しさ」を未だ抱き続けているだろう。そんな「空しさ」を抱えた人たちや、人知を超えた自然を直視し自然の再生を願って生きようとする多くの人びとに、大谷さんの「空しさ」を「夢」に変えようとする筆文字の言葉を味読して欲しいと願っている。(解説文:詩人 鈴木比佐雄)

B5判(横長)/96頁/ソフトカバー
定価:1,542円(税込)

解説文はこちら

大谷佳子筆文字集『夢の種蒔き―私流遊書(わたしのあそびがき)』

発売:2011年12月12日

連れ合いも…

汚い水溜りで…


やせ我慢じゃなく…

この大空の下は…


目次

一章 心遊ばせ

書きながら
秋日和
こころを空に
黙々と
含み味の
誰もみな
眼張りをすると
秋の夜長の
連れ合いも
心の拳で
怒りたいときや
ときには我慢や

二章 夢の種蒔き 

抱けば
夢を一緒に
ぽかぽか
草木も
汚い水溜りで
ふるさとは
歳を重ねたら
毎日
輝きながら
あせらず

三章 人生いじめられに感謝 

やせ我慢じゃなく
人生願わくば
人生という
人生という道
旅の終りに
昨日も今日も
路上の即興詩人の
上り坂で逢う人を
一所懸命の汗には
笑いから生れる

四章 私は風

天地一体の
声立てぬ
花のなかを
花の下は
人が頑張って
田植えを終えた
五月の風は
風が吹き渡ってく
なにごとにも
今日は
渡る風
この大空は

五章 命を磨いて

この大空の下は
日々の喜怒哀楽は
一生懸命
一所懸命
春夏秋冬
命を授かることは
心が澄んでいると
さあさ
深く考えると
神様を思うと

六章 森羅万象に合掌 

穏やかな
世の中に錬金術が
梅桃桜
梅東風から桜へと
春暁の
自然界も
鳥のさえずりが
自然と真向かうと
おなじ止まり木
道ばたの小さな草は

七章 いい明日になあれ

命の着衣は
前人未踏の
太筆で
トンネルは
永遠でない
はなと呼ばれなくなった
峡の夕風が
よく働けば

解説 
あとがきにかえて 
略歴 

前のページに戻る

出版のご案内

コールサック最新号

「COALSACK」(石炭袋)97号 2019年3月1日

「COALSACK」(石炭袋)98号 2019年6月1日

詳細はこちら


立ち読みサイト

facebook

twitter

コールサック社書籍 マスコミ紹介記事一覧

コールサックシリーズ ラインアップ

  • lineup01
  • lineup10
  • lineup02
  • lineup03
  • lineup04
  • lineup05
  • lineup06
  • lineup07
  • lineup01
  • lineup08
  • lineup09

ピックアップ

  • 詩運動
  • 研究活動
  • 出版活動
  • リンク集 詩人・文学・書店
  • 『コールサック』日本の詩人
  • 『コールサック』韓国・アジア・世界の詩人

編集部ブログ

  • 鈴木比佐雄 詩と評論
  • 佐相憲一 詩と評論

ご注文について

  • 送料・お支払い方法
  • 特定商取引に基づく表記

ECサイト


Copyright (c) 2011 COALSACK Co.,Ltd. All rights reserved.